クレジットカード払いOK
教習所評価
教習所評価
  • 1位
    長野県
    信州伊那自動車教習所
    • 宿  舎…5.0
    • 周  辺…4.2
    • 教 習 所…5.0
    • 食  事…4.3
    • 保証内容…5.0
    • 合計4.64
    信州伊那自動車教習所
  • 2位
    福島県
    タイヘイドライバーズスクール
    • 宿  舎…4.8
    • 周  辺…4.5
    • 教 習 所…4.5
    • 食  事…4.7
    • 保証内容…4.0
    • 合計4.57
    タイヘイドライバーズスクール
  • 3位
    新潟県
    つばめ中央自動車学校
    • 宿  舎…4.5
    • 周  辺…4.5
    • 教 習 所…4.5
    • 食  事…4.7
    • 保証内容…5.0
    • 合計4.57
    つばめ中央自動車学校
  • 4
    岡山県
    新倉敷自動車学校
    • 宿  舎…4.5
    • 周  辺…4.2
    • 教 習 所…4.5
    • 食  事…4.5
    • 保証内容…5.0
    • 合計4.46
    新倉敷自動車学校
  • 5
    鳥取県
    倉吉自動車学校
    • 宿  舎…4.5
    • 周  辺…4.5
    • 教 習 所…4.5
    • 食  事…4.3
    • 保証内容…4.0
    • 合計4.43
    倉吉自動車学校

提携教習所一覧

  1. HOME
  2. 知って得する免許取得の取説
  3. 失敗しない免許の取り方
  4. 運転免許を1発合格する必勝法
失敗しない免許の取り方

運転免許を1発合格する必勝法

2017.12.27  失敗しない免許の取り方
どうか一回で合格できますように

自動車免許というのは、18歳になったら取得できるようになります。つまり大学生でも取得できるということですから、ぜひとも取得しておいてください。就活の際に「自動車の運転ができる」というのは、大きくアピールできるものとなるでしょう。今回は自動車学校を卒業してから免許取得までの流れや、自動車教習所で行われる技能試験の注意ポイントをお伝えします。


自動車免許を取るまでの流れ

自動車免許を取るためには、自動車免許の教習所に通う必要があります。(通わなくても取ることはできますが、ここでは教習所に通って取得する方法をご説明します)大まかには、交通ルールを学ぶ『学科』と実際にクルマを運転して学ぶ『技能』を学ばなければなりません。

どちらも一定の時限数を経ないと卒業できませんし、技能教習は教官の合格をもらえないと先には進むことはできません。学科教習は一定時限数をクリアし、技能教習は修了検定、卒業検定を受けてそれに合格して晴れて教習所を卒業することができます。

ここまで来ないと運転免許試験場で試験を受けることができないのです。

AT車とMT車について

免許にはAT限定とMT免許があります。AT限定では、クラッチなどの複雑な操作等がなく、自動的にギアチェンジを行ってくれるAT車の運転が出来ますが、AT車しか運転できません。
MT車を運転するには、クラッチ操作によるギアチェンジなども習得しなければなりませんが、MT免許を持っておくとAT車・MT車どちらも運転出来ますので、取得するのであればMT免許を取得しておいたほうがお得でしょう。

仮免の合格点は?

仮免学科試験は、50問(1問2点)中、90点以上で合格となります。

本試験(学科)の合格点は?

運転免許試験場で受ける本試験の学科試験の合格点は、文書問題90問(1問1点)、危険予測問題(イラスト)5問(1問2点)となり、90点以上で合格となります。

卒業証明書の有効期限は?

教習所でもらった卒業証明書の有効期限は1年となっていますので、この間であれば何度でも本試験を受けることが可能となります。

一発で合格するためには?

先ほど言いましたが、自動車免許は教習所に通わなくても取得することができます。しかし、そうした場合は独学で自動車交通ルールの勉強をしなければなりませんし、技能試験も独学で学ばなければなりません。仮免も運転免許試験場で取りにいかなければなりませんので、確実に1回で合格したいのであれば、教習所に通った方がいいですね。

自動車教習所に通ったからと言って、勉強をしなければ受かりませんから、練習問題をしっかり解いて、試験の内容を把握しておく必要があるでしょう。教習所では好きな時に来て自習をしてもいいというところがほとんどですから、時間があるときは教習所へ行き、教習所にある端末型の練習機で問題を解きまくってほしいと思います。
そうすることで、おのずと正解数が増えていき本試験にも自信をもって望めるようになるでしょう。

技能試験は減点方式


技能試験は、減点方式で採点されることになります。学科は完璧だけど、技能がイマイチで落とされる人もいますので、運転技術に自信がない人にとっては、ここが一番ネックなのかもしれませんね。試験開始時の持ち点が100点となり、減点方式で採点される中で、70点以上を維持できれば合格となります。

?修了検定の注意ポイント?

・カーブ

カーブでは、手前で適切な速度に減速しなければなりません。もしカーブ内を走行中にブレーキを踏むと減速がしっかり出来ていなかったことになりますので、大きく減点されます。

・S字とクランクでできる切り返しの回数

S字もクランクも、それぞれ一回の切り返しは認められています。ただし4回の切り返しをすると通過不能と判断され試験が中止されます。

・交差点の信号が黄色になりそうだったら

黄色信号になりそうになったら速度を上げてしまう人がいますが、これは安全進行違反となり減点対象です。黄色信号で少し停止線を越えて停止したとしてもあわててはいけません。その際には後方の確認をして、後ろに他の車がいなければバックギアに入れて少し下がりましょう。それは信号無視には該当しませんので検定が継続できます。

その他の減点や減点数については、ネットなどで調べることによって出てきますから、試験前に確認しておくと役に立つかもしれませんね。また、苦手なところがあるのであれば、そこをどうすればいいかを教官にアドバイスをもらうようにしておくといいでしょう。教官はしっかりとアドバイスしてくれますので遠慮したらだめですよ。


さいごに

今回は自動車教習所を卒業して免許取得までの流れや、技能試験での注意ポイントをお伝えしました。ただ、免許取得がゴールではありません。車を運転するということは、事故の危険性がつきまとうことになりますので、安全に運転できるようにならなければなりません。自動車教習所に通うと、「早く取りたい」という気持ちが強くなりがちですが、一番大事なことは「安全を守る運転」を身につけることですので忘れないでくださいね。しっかり学科を勉強し、失敗をおそれずに技能に臨めば1発で運転免許に合格するでしょう。


他の記事が気になる人はこちらから検索してね。

学生の窓口編集部

文・学生の窓口編集部



上にいくよ!